いざダイエットを始めようと決意しても、一体どこからスタートすれば良いのか分からないという方は多いのではないでしょうか。正しい知識なしでの食事制限はただ辛いだけ…とりあえず始めたランニングも全く続かない…このような経験をされた方によくお会いします。ダイエットを始めたすべての方に一番最初に実践していただきたいのが、毎日体重を測って、記録すること。たったこれだけのことでダイエット初期段階において体重が減少していくことが良くあります。そこで本記事では、「毎日体重を測って記録する」だけでなぜダイエット効果があるのかについて書かせていただきます。


時間がない人はこちらだけ読めばOK

毎日体重を測るとなると、自分の体重が日に日に増えていくのは見たくないという心理から、行動変容が生じます。行動変容の例としては、小腹が空いたからお菓子を食べる→食べない、のどが渇いたからジュースを飲む→お茶で済ませる、などが挙げられます。このようにして普段の行動が変化し、結果的に体重の減少に繋がることが多々あります。

測った体重をしっかりと記録することも同じくらい重要です。毎日体重を記録することで、日々の数値がグラフ化されます。グラフを観察することで、気付いていなかった体重の増減傾向を見つけることができます。さらにその増減傾向と生活習慣を結びつけることで、ダイエットを成功させる上で大変貴重な「自分自身の法則」を発見することができます。

なぜ毎日体重を測るだけで痩せることがあるのか

それでは、なぜ毎日体重を測るだけで痩せることがあるのか、具体的に説明していきます。

◤行動変容

一つ目は行動変容が起きるからです。

行動変容という言葉はあまり聞き慣れないかもしれませんが、要は太る行動をしなくなるということです。

毎日体重を測るので、毎日自分の体重を直視しなくてはなりません。体重を落としたいという人の中で、日に日に体重計の数値が大きくなっていくことを許容できる人は確実にいないでしょう。

なので、今日の行いが明日の体重に表れないようにと、自ずと普段何気なくとっていた行動を制限し始めます。

小腹が空いたからお菓子を食べる
→食べない

のどが渇いたからジュースを飲む
→お茶で済ませる

遅い時間に夜ご飯を食べていた
→いつもより早い時間に夜ご飯を食べる

これらはほんの一例に過ぎませんが、このようにして普段の行動が変化し、結果的に体重の減少に繋がっていきます。

◤生活習慣の可視化

自身の普段の食事や運動が体重にどのような影響を与えているか、数値を通して可視化されます。

当然のことですが、食べ過ぎたり飲み過ぎたりすれば体重は増えるし、運動を継続すれば体重は減ります。

生活習慣が体重という数値として可視化されるため、上述した行動変容にも大きく影響を与えます。

◤モチベーションの維持

毎日の体重の変化を見ることで、良い方向に進んでいる実感が得られ、モチベーションも維持しやすくなります。

逆に悪い傾向が見られた場合も、早期に対策を講じることが出来ます。

記録することの重要性

続いて、体重は毎日測るだけでなく、しっかりと記録することがなぜ重要なのか説明していきます。

体重を記録する方法としておすすめなのが、スマホのアプリを利用することです。iPhoneには標準のヘルスケアアプリに記録することができます。また、体重計とスマホを連携させ、体重を測ると自動で専用アプリに記録が付けられるような体重計も販売されております。

◤振り返りができる

当然のことですが、過去の体重を振り返って確認することが出来ます。

相当記憶力の良い人でない限り、数カ月前の正確な体重を覚えておくことはできません。長期的な体重の変動がわかるようにするためにも、体重はただ測るだけでなくしっかり記録に残しておくようにしましょう。

◤傾向を知ることが出来る

毎日体重を測り記録することで、点と点が結びつき線となります=日々のデータがグラフ化されます。

毎日の体重を正確に覚えていて、なおかつ頭の中でそのグラフを想像して描ける人はほとんどいないでしょう。

グラフを見ることで、実は体重が変わっていないと思っていても、少しずつ減っていたり、増えていたりすることに気付くことがあります。

◤体重変動と生活習慣の関係を把握できる

上述した通り、自分自身の体重推移のグラフを見ることで、気付いていなかった体重の増減傾向を発見することができます。

この体重増減傾向があったときの自分の生活がどのようなものだったかを思い出してください。

例えば、増加傾向にあったときは睡眠不足が続いていたり、外食ランチが多かったりしていたかもしれません。逆に減少傾向にあったときは、週末出かけて良く歩いていたり、仕事の残業がなく夜ご飯を食べる時間が早かったりしていたかもしれません。

このように増減傾向と生活習慣を結びつけることで、自分の生活がどのような時に痩せて、どのような時に太るのかが明らかになります。

つまり、ダイエットを成功させる上で大変貴重な「自分自身の法則」を発見することができます。

体重を測定する上での注意点

実際に毎日体重を測定する上で最も重要なことは、体重の測定条件を揃えることです。

よって、①起床後すぐ、②排泄を済ませ、③衣服を脱いだ状態で体重を測るようにしてください。

③の衣服を脱ぐはかなり面倒なので、寝間着の重さを測って把握しておけばOK。あとは衣服を着て体重を測って、その数値から寝間着の重さを引けば衣服を脱いだ状態での体重と同じになります。

最後に、体重は必ず ”毎日” 測って記録してください。

食べ過ぎた次の日は体重を見たくないから測らないという方によく出会いますが、それではこのダイエット法の最大の効果は得られません。

絶対に毎日体重を測り、記録を付けることに努めてください。

___
以上、毎日体重を測って記録するだけという最も簡単なダイエット法について書かせていただきました。ぜひご参考にしてみてください。


【関連記事はこちら】

2024年4月12日ダイエット

【ジム初心者向け】ダイエット目的の筋トレメニューの作り方を分かりやすく解説します

2024年4月7日ダイエット

やりすぎ注意!ランニングダイエットの適切な頻度とコツについて

2024年4月3日ダイエット

水を飲むことがダイエットに効果的である理由について

2024年3月27日ダイエット

朝食はダイエット中こそ食べるべき!痩せる朝食のポイントとは

2024年3月18日ダイエット

炭水化物=太るは誤解!あなたが太る本当の原因は脂質にあるかも?

2024年2月12日ダイエット

実は筋トレには有酸素運動以上の脂肪燃焼効果があります